技術的な取り組み

機械学習開発のための学習済モデル

はじめに 株式会社KADOKAWA ConnectedのKCS部Cloud Native課の夏目です。最近は産業におけるディープラーニング(ディープニューラルネットワーク、以下「DNN」)の適用が幅広く進んでいます。私(夏目)はSmartCity研究所にて画像認識を利用するプロジェク…

初心者向けAI(人工知能)関連書籍紹介 2020年夏

はじめに はじめまして!株式会社KADOKAWA Connected KCS部Cloud Native課の夏目です。 近年、第3次AIブーム の中で、企業・組織でのAI(人工知能)の導入が進んでいます。弊社KADOKAWA ConnectedでもSmartCity研究所 などでAIを利用した取り組みを進めてお…

チーム開発での Github 貢献度を可視化する

はじめに KADOKAWA Connected KCS 部の nokamoto です。 KCS 部では KADOKAWA グループ向けプライベートクラウドを提供しており、プライベートクラウド上の各サービス開発は Github Enterprise を利用しています。 今回はチーム開発において Github 上での貢…

Kubernetes上へのElastic APMサーバの自動デプロイについて

はじめに KCS部の辻下(tjst-t)です。 KCS部は、KADOKAWAグループ向けプライベートクラウド(以下KCS)を提供しており、主な利用者は株式会社ドワンゴがサービスを提供している『niconico』です。 私の所属しているDSREチームでは、MySQLやRedis、Elasticsearch…

プライベートクラウドに作る Kubernetes サービスの設計

はじめに KADOKAWA Connected KCS 部の nokamoto です。 KCS 部は KADOKAWA グループ向けプライベートクラウド (KCS) を提供しており、その中の一つに私がアーキテクトとして参加している Kubernetes クラスタを提供するサービス (DKS) があります。 今回は …

0.1 人月未満で運用する Elasticsearch 基盤

はじめに はじめまして、KCS 部の島崎です。 KCS部は、KADOKAWAグループ向けプライベートクラウド(以下KCS)を提供しており、主な利用者は株式会社ドワンゴがサービスを提供している『niconico』です。 私は RDB基盤と CACHE基盤と今回の Elastic Stack as a …

シン・テレワークシステムへのバックボーン提供(とVPN突貫作成の話)

はじめまして,この4月からKADOKAWA Connectedに入社しました もつお です。今年で,ネットワークに関わる仕事を始めて3年目になりました。今回は,リモートワークに関するKADOKAWA Connectedの取り組みを,2つご紹介したいと思います。 テレワーク支援プロ…

700VMを超えるRedis のカーネルアップデート

はじめに はじめまして、KCS部の辻下(tjst-t)です。KCS部は、KADOKAWAグループ向けプライベートクラウド(以下KCS)を提供しており、主な利用者は株式会社ドワンゴがサービスを提供している『niconico』です。 私の所属しているDSREチームでは、MySQLやRedis、…

Inphi COLORZ でいい感じにディスアグリゲーションWDMがつくれるか検証してみた

はじめに こんにちは!ネットワークチームで学生アルバイトをしていたhikaliumです。 2019年の8月から2020年の3月まで週に数日程度、ネットワーク周りの新しい機材やソフトウエアの検証をおこなったり、それに伴うちょっとしたスクリプトを書いたりすること…

がんばらないDBaaSの作り方

はじめに はじめまして、KCS部のmaruです。KCS部では、部長といくつかのサービスのオーナーをやっています。 KCS部は、KADOKAWAグループ向けプライベートクラウド(以下KCS)を提供しており、私がオーナーをしているサービスにはDataBase as a Service(以下DBa…

Envoy External Authorization で gRPC サービスから認可を分離する実装の検証

はじめに はじめまして、KCS 部の nokamoto です。私の所属するチームでは KADOKAWA グループ向けプライベートクラウド (以下 KCS) が利用されやすくなるように、KCS のインターフェースとなる Web Console や API やドキュメントを標準化するプロジェクトを…